初めて住宅ローンを利用する時の心構え

夢のマイホームを手に入れる為に絶対に必要なもの、それは購入資金です。

家は何千万もしますから、一括払いという訳にはいきません。そこで必要になるのが「住宅ローン」の利用です。

しかし、初めて住宅ローンを組むとなると右も左も分からない事だらけです。

金利はどうなっているのか、返済の方法は?どこで扱っているのか?

住宅メーカーや不動産屋さんによっては、指定している事も見受けられますが、絶対ではありませんので、ある程度は知識をつけておかないと、思わぬ損をしてしまうかもしれません。

住宅ローンとは、長期返済の大口の個人融資です。

では、住宅ローンとは何なのか?

そのものズバリ、住宅を建てる、買う時の為にお金を借りる事です。住宅ローンを扱っているのは主に金融機関です。普通銀行や信託銀行、信用金庫等々、他には生命保険会社や信販会社なども取り扱っています。又、地方自治体が個人の住宅取得の為に行っている融資もありますし、場合によっては、勤務している会社などが社員の為に融資を行っているケースなどもあります。

通常のキャッシングやフリーローンと違い、住宅ローンは個人向けの大口融資ですから、もっと大きな額の資金を融資してもらい、何十年にも渡って返済していきます。

返済が長期に渡るので、尚更慎重に住宅ローンを選ぶ必要があります。

金利も返済の形や期間も様々ですし、色々な保障が付帯されている住宅ローンもあります。

住宅ローンを組む以前に資金計画が重要です。

住宅ローンを組む場合は頭金も必要になりますし、子どもがいれば教育資金も必要になります。更に老後の為の貯蓄も必要になってきますので、しっかりとした計画を立てておく事が重要です。

長期返済する間に様々な事柄が起こる事もある程度考慮しつつ、物件探しをするのがお勧めです。

間違っても、行き当たりばったりで、返済出来ないようなローンを組んではいけません。住宅ローンは借金なのだ、という事をしっかりと念頭に置く事です。

何故大きな額の融資を受けられるのか?というと、購入する住宅を担保にしているからです。

もしも返済出来なければ、折角購入した家も手放さなければならなくなります。その様な事態を避ける為には、自分の持っている貯蓄額、年間の総収入、他社からの借入れ等々、しっかりと把握しておく事が大事です。

それらを踏まえて、客観的に住宅ローンを組めば良いのです。

住宅のチラシやマンションの広告をチェックしてみると、参考の返済例として、ローンの概要が書いてある場合もあります。一見その住宅ローンを利用しなければならないような印象を受けますし、もしかしたら見学に行った際などに勧められるかもしれません。

しかし、住宅ローンは自由に選べますので、不動産屋さんの言いなりにならずに、自分のライフスタイルやニーズにあった納得のいくものを選びたいものです。