住宅ローンに必要な資金計画について

最近は頭金0円から組めるという住宅ローンもありますが、返済の事を考えると、やはりある程度の自己資金があった方が良いです。

しっかりした収入があって住宅ローンを組める方でも、長期間返済をしなければならないので、しっかりとした資金計画を立てましょう。

自己資金はどれ位必要?

自己資金とは、いわゆる頭金です。

住宅ローンを組む際に必要な頭金としては、一般的に最低でも2割といわれていますが、実は、借入れ金額以外にも5%位の手数料や税金等がかかってくるので、出来れば、2割以上用意するのが理想的です。

新築物件の場合には、3%〜5%、中古住宅の場合は6%〜8%程度かかります。

頭金0円でもOKという住宅ローン以外は、借入限度額として、住宅購入金額の80%を上限としている場合が多いので、住宅の取得を考えるのならば、ある程度の予算を立てて頭金をコツコツと貯金する事が必要です。頭金が多ければ多い程、後々の返済が楽になります。

予算の決め方

ある程度頭金が貯まったら購入を考えます。住宅ローンの融資限度額を目安に借りるのでは無く、自分でどれだけ返済出来るかを基準に考えると、後々返済が苦しくなってしまうのを防げます。

もしも他に借入れが無く、住宅ローンだけの場合には、多くても年収の30%、出来れば20%を目安にすると良いです。もちろん年収が沢山あれば、それ以上の返済額でも可能ですが、子どもの教育費など家庭毎に必要になる金額が違うので、自分のライフスタイルも加味しながら決定しなければなりません。

新しい家に引っ越した場合には、現在払っている家賃、駐車場代、住宅の為の貯金などが必要なくなります。その金額を元にどれ位なら返済出来るのかを試算すればわかりやすいです。

意外と見落としがちな借入れ金額以外の必要経費

家を買うのには、購入金額以外にも資金が必要になります。

例えば、引越し代、新しい家での家具などの購入費等々、細かい雑費が結構かかるものです。又、アパートから戸建てに移る場合などには光熱費の増加も考えられます。

更に、マンションなら管理費や修繕積立金なども忘れてはいけません。毎月の住宅ローンの返済にプラスされるので、住宅を選ぶ時から念頭に置いておく事が必要です。

中古住宅を購入する際には、リフォームが必要になる場合もあります。少しのリフォーム費用でしたら手持ち金を出すのも良いですが、別途リフォームの為のローンを組む事になります。

しかし、返済額に余裕を持っていないとリフォーム用ローンを利用出来ませんので、注意が必要です。

何よりも、返済出来るのかを一番に考え、物件価格のみでは無く、住宅購入全体でどれ位の金額が必要になるのかを把握する事が重要です。住宅ローンに必要なのは、充分な資金計画と確実に返済可能な試算なのです。