住宅ローンの種類について

住宅ローンと一口に言っても様々な種類があります。大別すると、民間の融資、公的な融資ですが、それに加えて民間と公的な融資の中間のような形態の協調融資というものもあります。

住宅ローンの金利タイプや返済タイプを考える前に、まずは、住宅ローンの大まかな概要を知っておくのも有効です。

最も一般的な民間の住宅ローン

住宅ローンというと銀行などが行っているものを思い浮かべる方が多いと思いますが、それもその筈、一番一般的な返済方法として民間の住宅ローンが挙げられます。

しかし、銀行といっても、都市銀行や地方銀行、信託銀行にネット銀行等々、沢山の金融機関が存在します。

又、それぞれ特徴があり、住宅ローンを組む事で受けられるサービスもありますので、自分に有利になる住宅ローンを探す事も可能になります。

地方自治体などによる公的な住宅ローン

すべての自治体ではありませんが、都道府県や市などの自治体によって住宅取得の為の融資を行っている事もあります。借入れ出来る条件や融資のタイプなどもバラエティに富んでいるので、調べてみると良いです。まずは、自分の住んでいる地域、勤め先の自治体などをあたってみましょう。思わぬ良い条件の住宅ローンが組めるかもしれません。

職場で財形貯蓄などをされている方も多い事でしょう。財形貯蓄は、給料から天引きされていくので住宅取得の為の頭金などを作る為には、とても有効です。財形貯蓄をされている方は、財形住宅融資が利用出来ます。

財形住宅融資は、1年以上貯蓄をしていて、貯蓄額が50万円を超える場合に利用可能です。

複数の金融機関が共同で行う、協調融資

大きな額の融資となると、各金融機関などに負担がかかってしまいます。それを分散させる為に、他の金融機関や住宅金融支援機構など複数の機関が共同で融資を行います。

巷でよく聞く「フラット35」などが協調融資にあたります。以前は公庫融資というものが存在していたのですが、制度改革で廃止になってしまったので、この制度が生まれました。

フラット35の概要としては、住宅金融公庫が金融市場で集めた資金を銀行を経由して一般住宅取得者に貸し出す制度です。長期返済で固定金利なのが特徴です。返済期間は最長で35年と決められています。

民間の金融機関の住宅ローンでは、これを併用している場合も多くあり、更に保険会社なども絡んでくるので、協調融資は、かなり複雑になっているのも確かです。

しかし、だからこそ、様々な住宅ローンを選ぶ事が出来るのです。

一番重要なのは、なるべく沢山の情報を得る事ですが、近頃ではインターネットに様々な情報がありますので是非調べてみましょう。

住宅ローンのシュミレーションを行っている金融機関も多数ありますが、一番確実なのは、各金融機関などに出向いていって相談してみることです。