住宅ローンの返済タイプについて

住宅ローンでは、どれ位借りられるのか?という事よりも、どれ位返せるのか?という事が重要になってきます。その為、しっかりと自分に合った返済タイプを選ばなければなりません。

住宅ローンの返済方法は、大きく分けて「元利金等返済」と「元金均等返済方式」があり、それぞれにメリットとデメリットがありますので、しっかりと吟味する事が重要です。

毎月決まった額を返済できる「元利金等返済」

元利金等返済方式は、毎月の返済額が一定なので支出を把握するのには適している方式です。しかし、支払いの総利息や総返済額を考えると少々割高になってしまうのが問題です。

返済し始めはに返済額利息分の支払いに多く充てられるので、元金が減りにくいのです。

しかし元金均等返済方式と比べると、住宅ローンを組んだ当初の返済が楽なのが特徴です。

総支払額を抑えられる「元金均等返済」

元金均等返済方式は、返済当初はかなり多めの金額を返すのですが、元金が減るのに従って返済額が徐々に減っていきます。総利息は元利均等返済と比べると割安になります。その為、だんだん返済が楽になっていきます。住宅ローンを組む際に余裕がある方に適した返済方法です。総支払額は元利金等返済と比べると少なくなりますので、余裕があればメリットは大きいのです。

ボーナス併用払いも出来ます

元利金等返済方式や元金均等返済方式などは、均等払いの場合の方法ですが、ボーナスなどの収入があれば、ボーナス払いを併用して、別途支払う事で毎月の返済額を抑えるという方法もあります。

しかし、ボーナスは必ず支給される保障はありませんから、あまりボーナスを頼りに住宅ローンを組むべきでは無いでしょう。

もしもボーナスが無くなったと仮定しても支払えるように住宅ローンを組む事がお勧めです。

最近では、ボーナス併用せずに均等払いのみで住宅ローンを組む方も多くなっているようですが、世間一般の経済が安定していない場合には当たり前とも言えます。

繰り上げ返済でメリットがある場合もあります

もしも、毎月の返済をしている最中に余裕があれば、繰上げ返済をする事で、返済がグンと楽になる場合があります。住宅ローンの期間を短縮したり、毎月の返済額を減らしたりするのには有効です。

しかし、住宅ローンによっては、繰上げ返済の際に手数料がかかってしまう場合もあるので、注意が必要です。

近い将来、繰上げ返済をする予定がある場合には、細かい手数料についてもチェックをしておくのが得策です。

ライフスタイルによって返済方法を選ぶ事が重要です

住宅ローンの返済は長期ですので、初めは少しの違いでも、最終的には返済額に違いが出てしまう事が多いですから、しっかりとしたシュミレーションが必要です。

その為には、いくつもの金融機関を比較して、窓口に出向き相談するのが良いです。

特にお子様などがいる場合などは、教育費にどれ位かかるのかなど、各家庭で方針は様々ですので、将来を見据えて無理の無い住宅ローンを組むようにしましょう。