賃貸vs持ち家

賃貸と持家の特徴を知る

賃貸と持家の住居形態を切り替えるタイミングは、一般的に家庭を持ち転勤の可能性が低いという条件下でマイホームの検討をする事例が大多数を占めます。このような観点から結論から述べますと、その後の人生において、仕事や家庭環境に何のトラブルもなければ持家の方が圧倒的に有利な資産形成をする事ができます。とはいえ、それぞれの特徴を知らない限りはこの選択に納得がいくものではありませんし、思わぬ損をしてしまうかもしれません。以下で両者の特徴を比較検討していきます。

決め手は資産価値

問題の本質は資産価値にあります。持家はローンを組み、分割払いで借金を返済していくケースが一般的ですが、払い終えた場合は抵当権は抹消され、完全に自己所有の資産となります。その後は保険料と固定資産税を支払うだけ余計な費用がかかりませんから、暮らしはずっと楽なものへとなるでしょう。また、次の世代に住宅を資産として残す事もできますし、どうしてもお金が必要な場合は持家ですから売却する事も可能です。
それに対して賃貸は、ただ家賃を払い続けるだけですから、退去するまで何才になっても払い続ける必要に迫られます。その上、資産として残るわけではありませんから、何かを残す事も、いざと言う時の財産にもなりません。この違いは、老後を想像すれば明白で、非常に重たいものだと感じる事ができるはずです。

月々の負担額を比較

とは言え、家賃の方が安いはず、貯金に回せば持家よりもお金持ちになれるかもしれない、と主張される方も非常に多いです。持家価格も賃貸価格も永遠に同じ相場というわけではありませんから、この問題を考えるのは非常に難易度が高い話です。ですが、例えば福岡県北九州市の家賃相場はファミリー向けの3LDK〜4LDKで7〜8万円程度となっています。この条件で月7万円を支払い30年間住み続けたとしますと、単純に計算しても(火災保険料や保証料、管理費などを除いた)家賃だけで2520万円も支払ってしまう計算になります。
これだけのお金があれば北九州市では十分に戸建を購入する事ができますから、逆算してフラット35で融資を受けたと過程しても、ほとんど月々の負担額に違いは出てきません。むしろ、長期的には住宅ローン控除や減税によりお得になってしまうケースも存在するでしょう。

賃貸の良さはトラブルに強い点。

以上から、長期運用コストで賃貸と持家を比較する事がナンセンスな点は理解していただけたと思います。ですが、これはあくまで同じ家に住み続けられる境遇にある事が前提で、トラブルの発生を想定していないケースです。
例えば、異動命令により転居を伴う転勤が必要になったとします。このようなケースでは持家なら悲惨なもので、ローンを支払いながら別の物件に入居する事になります。当然負担は大きなものになりますし、銀行に内緒で賃貸に出すかローンの途中で売却かくらいしか選択肢がなくなる場合もあるでしょう。社宅も用意しない企業に勤めている場合は要注意です。その点、賃貸ならば退去手続きを踏むだけです。退去日の設定を間違えなければ家賃を余分に請求される事もありませんし、清掃料などの原状回復費用を求められる程度ですからそれほど大きな問題にはなりません。
また、離婚や失職時のトラブルに強いのも賃貸物件です。賃貸物件の場合は生活レベルに応じて、言葉は悪いですがボロボロの部屋に住む代わりに家賃を極限まで落とす事が可能です。持家の場合ではローンをいくらか延長できるものの、基本的には支払いを続けざるを得ず、最終的には住宅を手放して債務だけが残ったと言うケースも珍しくありません。
もし、自身の仕事や生活スタイルが不安定だと感じるならば、持家は見送る方が安全だと言えるでしょう。
賃貸か持家かは、最終的には利便性と将来の安定性の比較となってきます。ローンの支払いは長いものですから、長期的な将来設計を元に選択する事が大切です。