団信について

団信とは

団信とは団体信用生命保険と呼ばれる生命保険の略称です。住宅ローンに加入する際に、求められる保険で、主たる債務者が死亡した時や高度障害と呼ばれる状態になった時に保険金でローンを完済してくれる制度です。債務者や生計を維持する家族にとって、万が一の助けとなる制度です。
なお、保険料は住宅ローンに含まれているケースが多く、保険料も割安なので、全体的に見ると通常の死亡保険に加入するよりコストパフォーマンスに優れています。近年では夫婦揃って加入する事ができる団信もありますし、死亡のみならず3大疾病に対応している特約付きの商品も登場するなど、サービス拡大により安全性の向上を図る傾向にあります。

団信の加入に必要なもの

団信の加入には、通常の生命保険と同様に適切な健康状態と、既往歴などがある場合は症状の安定を証明する診断書が求められます。大きく分けて3点挙げられ、以下の通りとなっています。
  1. 申し込み時より3ヶ月以内に医師の診察や投薬の有無
  2. 過去3年間のうちの特定の症状に対する既往歴の有無
  3. 手足の欠損や機能障害、全身に対する身体障害の有無
この中で最も大きな問題となる項目が、2番の特定の症状にあります。ガンや脳卒中などはもちろん、糖尿病や精神病などの慢性疾患も対象となっていますから、比較的該当してしまう人の数が多いのです。もちろん、必ず団信に加入できないわけではありませんが、明確な基準はない為に審査に通らないケースも珍しくありません。

入れないと民間ローンは厳しい、フラット35なら義務付けされていない

これまで見てきたように、団信は非常に便利な制度です。しかし、民間住宅ローンはこの団信に加入できる事を融資の条件としているプランが多いため、健康状態の問題などを理由に団信に加入できない場合、そもそもローンを受けられない事が大半だという問題を抱えています。
もちろん、この問題に対応し保険加入要件を緩和した商品の、ワイド団信やスーパーワイド団信と呼ばれる保険商品も展開されていますが、通常の団信と比較して保険料が上昇してしまうので、やや重たい負担を負うことになります。
なお、フラット35であれば団信は任意加入ですから、前提条件となってしまう事はありません。健康状態に問題があるのに、住宅ローンを組むことはあまり推奨できませんが、どうしても必要であれば選択肢の一つとして覚えておくと良いかもしれません。